毎日一杯の青汁習慣

青汁はその名で、「苦い」「不味い」というイメージが多くの人にあります。

しかし現在では、企業努力もあり、手間もかからず簡単に、また、味も飲みやすく形状も粉末などがあり、いろいろなアレンジができたりします。

現代の日本人は、食生活が欧米化し、生活習慣病などがふえています。

そんな中、健康志向が強まり青汁も注目を浴びるようになりました。青汁には、豊富なビタミンが含まれています。

その為効果としては、美肌効果やアンチエイジング効果、冷え性対策や便秘解消など女性には、うれしい効果があります。

このような効果があるのなら、毎日一杯の青汁を習慣づけたいですね。

毎日飲むためには安価な青汁、すっきりフルーツ青汁がオススメです。

しかし、むやみやたらに飲むのではなく、せっかくならば最大限の効果が出るような飲み方をしたほうがよいです。

注意する点は、熱湯で溶かさないことです。

実は、青汁の栄養成分には、熱に弱く温めると壊れてしまう成分があるのです。

なので、栄養をまるごといただくには、やはり水や冷たい牛乳がよいです。

また、青汁の作り置きは青汁に含まれるビタミン類が水や熱に弱い性質をもつものがあるため、基本しないほうがよいです。

せっかくの栄養価が失われます。

このような栄養価があるため、毎日一杯の青汁を続けてのむことが大事です。

続けて飲むには、おいしく飲みたいものです。

いまでは、色々な飲み方があり、工夫しだいで大変おいしく飲むことができます。

子供さんにも大人気な飲み方は、牛乳に混ぜる方法で、色合いも抹茶ミルクみたいでとてもおいしそうです。

においや苦味が気になる方には、野菜ジュースに混ぜて飲む方法もあります。

野菜ジュースには、タンパク質やカルシウム、食物繊維などが含まれている為、おいしく飲めて、栄養もとれますので、一石二鳥です。

では、毎日一杯の青汁をどのように飲むと効果的なのか、たくさん飲めばい良いというものではありません。

野菜不足を補う為に飲みたいなら、朝が良いでしょう。

先に何か飲みものをのんで、ヨーグルトに混ぜたりして摂るといいでしょう。

ダイエットとして飲むならば、空腹時に飲むとよいでしょう。

食事前に飲むことで食べすぎを抑制します。

便秘解消として飲む場合、ヨーグルトや牛乳にまぜるのがおすすめです。

ぬるめの牛乳で溶かして飲むと、リラックス効果もはたらきます。

このように、自分にあった効果や飲み方を選び、多くの量をのむことより、自分のペースで毎日一杯の青汁を長く続けることが大事なのです。

青汁を活用したグリーンスムージーでダイエットに挑戦してみよう!

 

緑の野菜だけで作り上げられるのが青汁で、そこにフルーツをプラスしたのがグリーンスムージーです。

青汁単独では苦味が強く飲みにくいケースがありますが、そこにフルーツの甘みをプラスすることから飲みやすくなります。

フルーツ青汁にはダイエットに効果が出る成分がいっぱい配合されていますが、飲みにくいと継続できないものです。

ダイエットは、継続できるか否かということが重要だと言えます。

青汁を活用してグリーンスムージーを作れば、野菜を購入してくる必要性がないので気軽です。

例えば、粉末タイプの青汁1袋に対し、バナナ1/2本、リンゴ1/2個、キウイフルーツ1/2個、水100ccを入れ込んでミキサーかブレンダーにかければ、すぐにグリーンスムージーが作れます。

果物は混ぜやすい大きさにカットすれば良いでしょう。濃さは水の量で自由に調整してみたら良いでしょう。

水ではなくて、牛乳や豆乳を加えてさらにマイルドにするという方法もあるのです。

どのようなフルーツを加えると、どのような効果が得られるかを覚えておくと便利です。

血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑制するペクチンに富んでいるのは、イチゴです。また、美肌に効果的なビタミンCも含有されています。

血糖値の上昇を防御する原料としては、桑の葉が有名です。

桑の葉に含まれているDNJ(デオキシノジリマイシン)には、二糖類が単糖類に分解されるのを防いで、血糖値の上昇を抑制する作用が期待できます。

また、分解されずに腸に入った二糖類が腸内細菌の作用で発酵されれば、炭酸ガスと水ができるため、お通じの改善効果も期待できます。

糖値を下げたり、糖質を気にしている時には桑の葉が原料に利用されたものといちごを組み合わせてみると良いでしょう。

バナナには、塩分の排出を促進するカリウムと、新陳代謝に必要不可欠なマグネシウムが豊富に含有されています。食物繊維とオリゴ糖が含まれているので、便秘解消にも効果が期待できます。

デトックス効果が見込める原料は、明日葉です。明日葉に含まれているカルコンには体の巡りを良くする効果が期待できますし、明日葉にはカリウムが豊富なのでむくみ改善にも効果が期待できます。

青汁の原料に含まれて無い栄養素を、フルーツで補足してあげると栄養バランスが取り込みやすくなります。

少し気を付けたいのは、フルーツの摂取し過ぎです。フルーツの果糖も、食べ過ぎれば太る要因となります。

普通の砂糖と比較すると太りにくい糖分ですが、調子に乗って飲みすぎないようにご注意ください。

一押しはめっちゃぜいたくフルーツ青汁を置き換え食として飲用することです。この方法だったらカロリーと糖質過多になる心配が少ないです。

 

乳酸菌を摂取して菌活ダイエットが効果的!

 

便秘を改善して、スッキリしたボディラインを目指す人や美容や健康を目的とした体に優しいダイエットを行ないたい人などの間で、菌を意欲的に摂りいれる菌活ダイエットが流行になっています。

菌活は、腸内の善玉菌を増加することで、腸内環境を整え、美容や健康に良いダイエットを行うことを可能にするところが人気の理由で、菌類を摂りいれる手法で太りづらい体作りを目指す事が知られています。

腸内環境を整えることが出来るので、美肌や免疫力のアップなど嬉しい効果も期待できる人気の方法です。

腸内環境が整えば、便秘が改善されていきますから、下っ腹が出ている人などは、お腹がスリム化する事が期待できます。

また、腸内環境を整えるという事は体の機能を高めることにつながり、体内の老廃物を排除する事もサポートするため、基礎代謝をアップさせる事が可能となります。

基礎代謝がアップするので、太りにくくやせやすい体作りをすることが出来るという部分が、菌活をすることの大きなメリットです。

さらに、乳酸菌を摂り入れると、自律神経のバランスが整い、正常な新陳代謝に近付けることが可能なため、代謝が落ちている人でも痩せやすい体作りをし易くなるといった効果が期待できます。

菌活を行うことで、体の中から綺麗にすることと同時に、痩せやすい体質作りをすることが可能なので、リバウンドしにくく、健康的なダイエットを行うことができるという訳です。

菌活をするときに初心者におすすめなのが乳酸菌で、代謝を高めたり、お腹の調子を整える作用があるため、痩せやすくなっていることを実感する事ができ、便秘解消にも役立つのでおすすめです。

ダイエット効果を得るには、効率的に摂りいれる事がポイントになりますから、ヨーグルトを食べたりしてみるのも良いかもしれませんが、乳酸菌が凝縮されているサプリメントを活用する事が流行になっています。

腸内環境を改善してダイエット効果を実感することを願うなら、500億~1兆個の菌が必要となりますが、この量を普通のヨーグルトで補うには、カロリーオーバーになる程大量に食べる必要があります。

サプリメントの活用により、カロリーを気にすることもなく、大量の乳酸菌を摂りいれることが可能なので、効果的にダイエットをすることができますし、乳製品のアレルギーがある人でも、摂取することが可能なので、誰でも気軽に菌活を行うことが出来る事がおすすめの理由です。

乳酸菌をサプリメントで毎日補給することで、簡単に菌活を継続する事が可能ですし、サプリメントを利用することによって負担が少ないので、納豆などの他の菌類を積極的に摂りいれる事も簡単になります。

特に納豆は、相性が良く、相乗効果が期待できるので、菌活をしている人には、毎日意識的に食べて欲しい食材です。

また、キムチには、植物性で良質の菌類が数多く含有されています。キムチは、納豆や豆腐などと一緒に摂取することで、満足感もあり、低いカロリーだから、自然に菌活と食事量のコントロールの両方を行うことが可能なので、人気がある食材です。

ゆったりした進度で、腸内環境を整え、便秘解消や美肌効果など、健康や美容効果をちゃんと実感しながら体調管理や体型管理をしたい人は、サプリメントを摂って、野菜や果物、良質なたんぱく質をしっかりと食べるように心掛ければ、太りにくく健康的な体を作ることが可能となります。

減量して魅力的になりたいという人は、サプリメントでしっかりと数多くの乳酸菌を摂り入れて、腸内環境を整え、痩せやすい体作りを行いながら、納豆やキムチ、チーズなどで他の種類の菌類も増加させ、より効率のいいダイエットを目指す事ができます。

食物繊維が豊富なきのこ類や野菜を意識的に食べることにより、善玉菌が増加しやすく、悪玉菌を排出しやすくなったり、ビタミン豊富な野菜や果物を摂り入れたり、サプリメントを活用することにより、より美肌になることが望めるので、同時に摂取するようにしましょう。

美しくダイエットしたいという健康意識や美意識が高い人から支持されている菌活は、スリムですっきりとしたボディラインを手に入れることができるだけでなく、便秘を解消してお腹やせが叶ったり、美肌になったりすることが可能なので大変流行しています。

特に、サプリメントを活用して、効率的に菌類を摂りいれることで効果を実感しやすくなりますから、モデルやタレントなどの芸能人や美容関係者から人気が広がり、多くの人が実践している方法です。

サプリメントを活用することで、毎日無理なく菌類を豊富に摂取することが可能なので、食べ物と合わせて多くの菌類を摂りいれることができる上に、継続しやすさがアップします。

継続する事がすごく重要ですから、サプリメントを活用している人の方が、手軽な分だけ挫折することも少なく、大きな成果を上げている人もたくさんいます。

少し食べ過ぎてしまった日があったとしても、代謝がアップしているので、すぐに戻すことが可能なところも人気の理由のひとつです。

 

授乳後にしぼんでしまった胸をバストアップする方法

 

一般的には女性は妊娠や出産をすると一時的に胸が大きくなり、個人によっては妊娠前より2カップ以上大きくなる人もいると言われています。

しかしながら、授乳から卒乳までの間に、大きくなった乳腺は活発に活動しつつも、乳腺脂肪そのものはジワジワと減少していってます。

その脂肪減少にあわせて胸のサイズも徐々にダウンしてしまいます。

そうして産後1年程で妊娠前のサイズに落ち着くのですが、100パーセント妊娠前の状態になるには難しく、ハリがなく垂れてしまったり、酷いときには左右のサイズに違いが出てくるケースがあります。

そんな悩みを抱えた方へ、授乳後に縮んでしまった胸をバストアップする方法をご紹介します。

まず一番初歩的なことは姿勢です。

美しいスタイルを維持するにはキレイな姿勢を保持することが重要となりますが、出産後は赤ちゃんの授乳やだっこによって猫背になりやすいです。

猫背は肩甲骨が広がっていき、バストが垂れる一番の原因と言われています。

背中全体が丸くなると脂肪がついてしまい、厚みがでる原因にもなってしまいます。

授乳中はやっぱり猫背になってしまうという方は、授乳の時は赤ちゃんを高い位置で抱くことを心掛ける方が良いでしょう。

高い位置に抱いて授乳を行うと、猫背防止にもなりますし、赤ちゃんの顔が乳首より下になりませんので引っ張り飲みをされる事を防止することもできます。

引っ張り飲みをされると胸が垂れること以外に、乳首が垂れてしまう原因にもなってしまうので、なるべく高い授乳を意識することが重要となります。

授乳中だけに限らず、普段から腹筋に力を入れて過ごす事を心掛け、まずは姿勢を正して猫背を改善することが重要です。

次に、出産から授乳後までの間は、専用の授乳ブラジャーを付けることをお勧めします。

最近では色々な授乳専用ブラジャーが発売されていて、出産後から授乳が簡単にできるガードル入りのブラジャーも発売されています。

この時期に妊娠前につけていた通常のブラジャーをつけてしまうことで、胸が無理やり締め付けられてしまい乳腺に悪い影響を与えてしまいます。

授乳後は出産前と同じ通常のブラジャーに戻して問題ありませんが、出産前とサイズが変化している可能性が高いので、その度にサイズを測りちょうど良いブラジャーを付けることが大切になってきます。

適切なサイズのブラジャーを付けることによってバストの形を崩さずきれいな胸を維持する事が可能となります。

次に、バストアップをさせるにはバランスの良い食事も必要とされます。

バストアップに効果的である栄養を多く摂りいれることで、体の内側からバストアップ効果を期待する事ができます。

バストアップに必要な成分は「たんぱく質」「ビタミンA」「ビタミンE」であると言えます。

「たんぱく質」は体を生成する素となる最も重要な栄養素と言われており、乳製品や肉、大豆製品に多く含有されています。

「ビタミンA」はたんぱく質と結びつき体にハリを与える効果があります。ビタミンAを多く摂りいれることによって、弾力性のある胸を手に入れることが期待できます。

これはほうれんそう、にんじん、うなぎなどに多く含有されています。

「ビタミンE」は体の血行促進をスムーズにし、乳腺を活性化させる働きがあります。

これは落花生やひまわりの種から摂りいれる事ができます。これらの食材を上手いこと取り込み、バランスの良い食事をとることでバストアップ効果が期待できます。

次に、お勧めなのはバストアップマッサージです。

産後すぐは激しい運動は禁止されることから、手軽に出来る乳腺に軽く刺激を与えるような優しいマッサージがお薦めです。

マッサージは片胸ずつ行い、胸下から中心に向かって脂肪を運ぶように行います。

この動きを左右10回程度毎日継続していきます。大胸筋を鍛えることを意識することが重要です。

日常生活では中々胸を動かす機会が少ないので、意識的にマッサージや赤ちゃんを抱っこする時に意識的に胸を動かす動きを取り入れることが大事です。

普段の動きに加え、痛みの無い程度に行います。

肌が乾燥していたり、手が滑らずマッサージが難しい場合は市販のマッサージクリームを活用してもいいでしょう。

更にマッサージにプラスして、筋トレを行うことも効果があります。

胸は脂肪から出来ていますが、胸を支えている大胸筋を鍛えることによって、胸が垂れる事を防止できます。

胸がしぼむことの原因の一つに、妊娠中の運動不足も挙げられます。

妊娠中は激しい運動ができないため、筋力が低下してしまい、大胸筋も衰えて産後余計に胸が垂れて萎んでしまうことが考えられます。

胸の形を崩さないために胸の揺れが少ない運動を行うことが必須です。お勧めなのはいただきますの時にする手を合わせるポーズで、「合掌のポーズ」と言われるものです。

背筋を伸ばし掌を胸の前で合わせ、15秒を目安に中心に向かって左右均等の力で押し合います。

無理がない範囲内で力を込めて押し、毎日継続することにより徐々に大胸筋を鍛える事が可能です。

以上の事を実践すれば、授乳後にしぼんでしまった胸もバストアップする事が可能だと言えます。

是非試してみてはいかがでしょうか。

 

ニキビに効果的な乳液を選んで正しいスキンケアでニキビを治そう!

 

ニキビは皮脂が原因となって出来る事が多いので皮脂が出ないように保湿をする必要があります。

スキンケア化粧品などで保湿を行いますが、全てのスキンケアが役立つとは限りません。

クリームやオイルなどで保湿をすると、逆に皮膚に脂分が多くなってしまう可能性があります。

乳液であれば脂を含んでいないので、このような問題が発生しません。

脂分を上手く取り除きながら保湿が出来る乳液はニキビを治す上で重要な役割を果たします。

ニキビの症状に悩んでいる人にとって、乳液をつけるタイミングを把握することが重要です。

特に、肌質を長期間にわたって保護することができる商品に関しては、幅広い年代の女性からの支持が集まっており、人気の乳液の選び方を理解することが勧められます。

乳液をつけるタイミングとしては、風呂上がりや就寝前の時間帯が一般的となっており、ニキビの予防に興味を持っている場合には、同年代の女性の意見を上手く参考にすることが有効です。

肌が荒れ始めニキビが出来てしまうとクリームなどの油分を肌に与えることによって大きく目立つようになってしまいます。

ニキビができていると、化粧水後になんとなく乳液を避けてつけなかったりする方も多いのではないでしょうか。

しかし、蓋をしないと化粧水での保湿効果がなくなってしまうので、ニキビがあっても乳液は必要なのです。

では一体どんなものを使えばいいのか考えてしまいますが選ぶポイントとしてはサッパリタイプの乳液を選ぶと油分もそれほど気にならずサッパリと使うことが出来ますのでニキビが出来てしまっている肌にも安心です。

問題はつけ方なのですが、悪化するのはつけすぎが原因ですから、小豆より小さいくらいの量を手に取り、目元口元にまず塗ります。

残った分を、薄く薄く全顔に伸ばしていきましょう。ニキビができているところはできるだけ刺激しないよう、特に優しく触れるのが大事です。

 

おいしくて体に効果的なおすすめマキベリーレシピ!

 

マキベリーは甘酸っぱくてフルーティーな味わいで、とても飲みやすくなっています。

ポリフェノールが豊富に含まれているので、毎日飲むことでアンチエイジング対策になります。

食事にもピッタリで、口の中がさっぱりする炭酸水とマキベリーを合わせた飲み物はダイエットにも効果的で、おすすめの飲み方です。

食事の時に炭酸水を一緒に飲むと、炭酸ガスの効果で少量の食事でもおなかがいっぱいになるので、食べ過ぎ予防になります。

炭酸水メインでしっかりダイエットをする場合には、食事の5分から10分前に飲むようにします。

炭酸水には老廃物を押し流して代謝を上げる働きがあり、デトックス効果も期待できます。お好みでフルーツやレモンなどを浮かべて飲むのも良いでしょう。

朝食代わりにマキベリーを摂るなら、スムージーがおすすめです。

小松菜やパセリなどの栄養価たっぷりのグリーン野菜と、オレンジやぶどうなどのフレッシュフルーツの中にマキベリーを加えます。

さまざまな食材を合わせることで、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの栄養成分がたっぷり摂取できます。

腹持ちを良くする場合には、牛乳や豆乳、バナナなどを加えると効果的です。

マキベリーの甘酸っぱさを利用したドレッシングを作ってみるのもおすすめの方法です。

サラダにかけたり、アイスクリームなどのデザートのアクセントとして、肉や魚料理の味付けに使ったり、料理の隠し味に使用するということも可能です。

ドレッシングを作るときには、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸が摂取できる、えごま油やチアシードオイルなどを利用すると、コレステロール値を抑えることになり、ダイエットにもおすすめです。

日常生活を送っていると、排気ガスやタバコの煙、ストレスや紫外線などの外部からの影響を少なからず受けてしまい、活性酸素の過剰な生成を誘発してしまいます。

ポリフェノールは体内で有害な活動をする活性酸素を除去する働きがあり、細胞をダメージから守ることで肌の調子を整えたり、女性ホルモン分泌の活性化につながります。

マキベリーはポリフェノールをたっぷり含んだフルーツで、その数値はとても高いものです。

アメリカ農務省・国立老化研究所では活性酸素の吸収能力を数値で表す研究がされています。

これをORAC値といいますが、比較的ポリフェノール値が高いとされているビルベリーやアサイーをはるかに上回るORAC値が出ています。

ポリフェノールを効率的に摂ってアンチエイジング対策をするには、マキベリーは最適のフルーツです。