毎日一杯の青汁習慣

青汁はその名で、「苦い」「不味い」というイメージが多くの人にあります。

しかし現在では、企業努力もあり、手間もかからず簡単に、また、味も飲みやすく形状も粉末などがあり、いろいろなアレンジができたりします。

現代の日本人は、食生活が欧米化し、生活習慣病などがふえています。

そんな中、健康志向が強まり青汁も注目を浴びるようになりました。青汁には、豊富なビタミンが含まれています。

その為効果としては、美肌効果やアンチエイジング効果、冷え性対策や便秘解消など女性には、うれしい効果があります。

このような効果があるのなら、毎日一杯の青汁を習慣づけたいですね。

毎日飲むためには安価な青汁、すっきりフルーツ青汁がオススメです。

しかし、むやみやたらに飲むのではなく、せっかくならば最大限の効果が出るような飲み方をしたほうがよいです。

注意する点は、熱湯で溶かさないことです。

実は、青汁の栄養成分には、熱に弱く温めると壊れてしまう成分があるのです。

なので、栄養をまるごといただくには、やはり水や冷たい牛乳がよいです。

また、青汁の作り置きは青汁に含まれるビタミン類が水や熱に弱い性質をもつものがあるため、基本しないほうがよいです。

せっかくの栄養価が失われます。

このような栄養価があるため、毎日一杯の青汁を続けてのむことが大事です。

続けて飲むには、おいしく飲みたいものです。

いまでは、色々な飲み方があり、工夫しだいで大変おいしく飲むことができます。

子供さんにも大人気な飲み方は、牛乳に混ぜる方法で、色合いも抹茶ミルクみたいでとてもおいしそうです。

においや苦味が気になる方には、野菜ジュースに混ぜて飲む方法もあります。

野菜ジュースには、タンパク質やカルシウム、食物繊維などが含まれている為、おいしく飲めて、栄養もとれますので、一石二鳥です。

では、毎日一杯の青汁をどのように飲むと効果的なのか、たくさん飲めばい良いというものではありません。

野菜不足を補う為に飲みたいなら、朝が良いでしょう。

先に何か飲みものをのんで、ヨーグルトに混ぜたりして摂るといいでしょう。

ダイエットとして飲むならば、空腹時に飲むとよいでしょう。

食事前に飲むことで食べすぎを抑制します。

便秘解消として飲む場合、ヨーグルトや牛乳にまぜるのがおすすめです。

ぬるめの牛乳で溶かして飲むと、リラックス効果もはたらきます。

このように、自分にあった効果や飲み方を選び、多くの量をのむことより、自分のペースで毎日一杯の青汁を長く続けることが大事なのです。